【性欲おばけ】性欲が強い女性との付き合い方!エッチ好きの彼女・女性の特徴も解説

性欲おばけ(お化け/オバケ)とは、性欲が強い人のことを指します。

性欲おばけというと少し冗談めかした言い方に聞こえるでしょう。

しかし、自分のパートナーが性欲おばけであることを深刻な問題として考えている方も少なくありません。

身近な女性が性欲おばけだったらどうしたらいいのか。。

そんな悩みを抱える男性の方に向けて、性欲おばけの女性との付き合い方について解説します。

ラブスク
セックスできる出会い系アプリ・サイトおすすめ7選!今すぐSEXする方法も解説 今すぐセックスできる出会い系アプリおすすめ7選ご紹介します。即日SEXする方法やヤれる女性の特徴も解説します。経験人数100人超えのチャラ男が徹底解説しますので、これ...
目次

性欲おばけ(お化け/オバケ)とは?

性欲おばけ(お化け/オバケ)とは、性欲が強い人のことです。

性欲が強いこと自体は悪いことではありません。

しかし、日常生活に支障が出るほどの異常な行動に発展する場合には、色情症や多淫性、セックス依存症などの診断名が付く場合があります。

ここで考えてみてほしいのですが、”普通の人”の性欲といっても、それがどの程度なのか、相手を性欲おばけと呼びたくなった理由やきっかけはどんなことかということです。

ほとんどの場合、性欲おばけかどうかを判断している基準は、自分の性欲の程度や性的な行動がもとになっています。

編集長

つまり、相手が性欲おばけかどうかは自分の性欲との相対的なバランスによって決まるのです。

性欲オバケの女性の特徴

性に関して奔放な人と貞操観念が強い人に傾向が分かれることは事実です。

それぞれの社会生活のなかで「性欲おばけ」というレッテルを貼られる人がいることも無視することはできません。

一般的には以下のような行動傾向を持つ人が、性欲おばけと言われます。

性欲オバケの女性の特徴
  • エッチな会話や下ネタを求めてくる
  • エッチを求めてくる頻度が異常に高い
  • 一人エッチを定期的に行っている
  • ボディタッチ(スキンシップ)が多い
  • 裏で別の男性と浮気や不倫をしている

各特徴を順番に見ていきましょう。

エッチな会話や下ネタを求めてくる

性欲おばけの女性は性的興奮に対する欲求が強いため、エッチにつながるきっかけを常に求めています。

エッチなことを考えている頻度も高いので、相手が男性、女性に関わらずエッチな会話や下ネタを好む傾向です。

あるいは、そういう会話に抵抗がない人が多いでしょう。

編集長

また、相手の男性に対して恋愛感情がなくても、率直にエッチな話題を単純に楽しんでいることもあります。

男性が性的満足を得るための対象である場合には、きっかけづくりとしてエッチな話題を持ちかけたがる特徴がありますよ。

エッチを求めてくる頻度が異常に高い

性欲おばけの女性に夫婦や恋人などセックスのパートナーがいる場合には、女性側から求めてくる回数も多くなります。

コンドームメーカーのSAGAMIが行ったアンケート調査によると、1ヶ月間のセックス回数は既婚者では1.7回、交際相手のいる未婚者では4.1回という結果がでています。

編集長

もちろん、年齢層や交際期間によってもその回数は変化していきます。

しかし、毎日や一日に何度も求めてくるようであれば、性欲おばけと考えてよいでしょう。

一人エッチを定期的に行っている

相手がいない時に性欲おばけの女性が自分の性的欲求を満たす方法が一人エッチです。

性欲おばけの女性は性欲が抑えられなくなることも多いため、自然と自分で自分を満足させる行動に走ってしまいます。

一人エッチの方法は人によってさまざまですが、大人のおもちゃを持っているような人は、性的な満足に対してより貪欲であると考えられます。

編集長

男性と異なり、女性の場合は射精という肉体的制約がありません。

セックスも同様ですが、一人エッチも毎日、さらには日に何度もしている人がいますよ。

ボディタッチ(スキンシップ)が多い

親密さを感じている相手と触れ合うと、オキシトシンというホルモンが分泌されます。

オキシトシンは「幸せホルモン」や「絆のホルモン」とも呼ばれ、安心感や幸福感が得られるホルモンとして知られています。

一方で、身体的接触は相手との関係性によっては防御反応も引き起こすため、ボディタッチは抵抗感も伴う行為です。

編集長

性欲おばけの女性は、触りたいと思う気持ちと抵抗を感じる気持ちの線引が普通の女性の感覚とは異なります。

性的興奮を得たい気持ちのほうが強いため、異性に触られることを期待していると同時に、自分から触ることに対しても抵抗を持っていません。

裏で別の男性と浮気や不倫をしている

性欲おばけの女性は、自分の行動や考え方の多くの割合を性的欲求に支配されることが多くなります。

セックスへの欲求が貞操観念を薄いものとし、不倫や浮気の社会的なリスクも低く見積もってしまう傾向です。

決まったパートナーに満足できない場合、あるいは、満足していたとしても、性的欲求が引き起こされる機会が多いため、セックスによってそれを満たそうとしてしまうのです。

関連:不倫するならバレない出会い系アプリ・サイトがおすすめ!既婚者や人妻・浮気者が多いから安心・安全

性欲おばけの状態が今後も続くと・・・?

男性側にとっては、性欲おばけの女性が自分にとってどういう存在なのか、どんな関係性にあるかをまず考える必要があります。

付き合う前の段階で、相手の女性の性欲がかなり強いということがわかっているのであれば、相手の女性の性質が今後も関係を続ける上でどの程度の障害となるかを冷静に考えてみることも大切です。

女性は一般的に年齢を重ねるにつれて性欲が強くなるといわれています。結婚相手であるパートナーがだんだん性欲おばけになってきたと感じる男性も少なくないのではないでしょうか。

既婚男性の場合は、自分の男性としての能力や努力がパートナーの性欲を満たしてあげられるかどうか、満たしてあげられない場合に女性との関係性にどんな影響が及ぶかが問題となります。

以下では、パートナーの性欲おばけの状態が今後も続くとどうなるのか?を具体的に見ていきましょう。

自分の時間を相手の性欲のために浪費することになる

結婚相手や恋人など、生活を共にし一緒に過ごす時間が長くなれば、相手の行動に影響される部分が大きくなるのは当然のことです。

パートナーとのセックスに対する欲求のバランスが取れないことはよくあることです。

相手が性欲おばけであれば、それに合わせなければならない男性は肉体的にも精神的にも大きな負担を強いられます。

編集長

男性側が性欲おばけの女性に合わせようとするほど、多くの時間を取られることになります。

そのため、お互いの関係性が維持できる範囲内に保つテクニックやノウハウと相手に付き合う覚悟がなければ、関係を保つことが難しくなるでしょう。

自分自身の性欲が失われて男としての魅力が落ちる

男性と女性ではセックスのメカニズムが異なり、快感の大きさや持続時間、イク回数、行為の後の状態などすべてが異なります。

また、人にもよりますが一般的にはセックスで消耗するエネルギーは男性のほうが大きく、女性は連続して何回もセックスできるのに対して、男性は回復するまでに一定の時間が必要です。

前述したように、性欲おばけに付き合わなければならない男性は肉体的にも精神的にも消耗していきます。

編集長

男性の性的な魅力にはテストステロンの分泌が大きく関わります。

性的おばけと付き合う男性は、常に消耗を強いられることになるため、性欲と男性的魅力が失われていきます。

エッチ(セックス)がマンネリ化して不倫や浮気される

男性の消耗が激しい状態が続けば、男性側はセックスへの意欲が削がれていきます。

結果として男性側は女性からの求めに対して受け身になってしまい、それが続けばセックスがマンネリ化することは当然のなりゆきです。

性欲おばけの女性の側も不満が溜まっていけば、他に満足させてくれる相手を探したくなるのは、どうしようもないことといえるのかもしれません。

性欲お化けの女性との付き合い方

性欲おばけの女性への対処の仕方は、一時的な関係で終わる場合と長く付き合う場合とでは考え方を変える必要があります。

性欲おばけの女性が一時的な関係を求めていることに気づける男性の場合は、自分の好みやその場の状況に応じて相手になってあげることも選択肢のひとつといえます。

しかし、性欲おばけの女性からのアプローチをセックスだけが目的であることに気づけない男性の場合は深入りすることは禁物です。

深刻なのは決まったパートナーが性欲おばけの女性だった場合です。

相手の女性とお互いの性欲レベルを理解し合い、男性自身の体の余裕と心の余裕に合わせて最大限に応えてあげることも必要です。

編集長

それに加え、必要以上に女性の性欲を刺激しないようにし、気持ちがセックスだけに向かわないようにコントロールする工夫や努力もしてみるとよいでしょう。

以下では、性欲お化けの女性との付き合い方を具体的に解説します。

下ネタやエッチな会話を控える

性欲おばけの女性が自ら性的な刺激を求めることに対して、相手の男性側はどうすることもできません。

しかし、ともに過ごす時間のなかでは、できるだけ性的な連想に結びつく会話を避けること、また、性的な刺激になるものにはできるだけ触れないようにすることも工夫のひとつです。

エッチ(セックス)のスパンを設ける

二人で過ごす期間が長くなるにつれて、セックスの頻度は少なくなっていくのが普通です。

長い期間を経ても、男性側が相手の女性を性欲おばけと感じる時点で、お互いの性欲のバランスが取れていないことははっきりしています。

男性側とすれば女性の求めに応えてあげられないのは、なかなか口にしにくいことです。

編集長

しかし、将来的に関係を継続させたいのであれば、素直に話し合うことでお互いに理解し合うことが最適な方法です。

その上で、男性側の体力に応じたセックスの頻度について女性側に納得してもらうことも必要でしょう。

性欲以外の食欲や睡眠欲、承認欲求など適切に満たしてあげる

性欲おばけの女性が性的興奮を強く求める原因は主に2つです。

  • 肉体がセックスによる快楽を求めてしまう多淫性である場合
  • 精神的な不安をセックスで解消しようとするセックス依存症の場合に

この違いは専門的な医療機関を受診しないと、明確に区別することは難しいと言われています。

編集長

しかし、セックス依存症である場合は不安のもとを特定し、不安の原因を解消することで性欲おばけが治る可能性があります。

原因となる不安は生活を送る上での食欲や睡眠欲などの生理的欲求であったり、承認欲求などの社会的な欲求である場合が想定されます。

本質的にセックスが好きな多淫性であったとしても、セックスの快楽に代わる新たな興味関心や精神的な充実感などが得られれば、性欲へ向かう気持ちの度合いを抑えることにつながる可能性があります。

性欲おばけの女性の注意点

性欲おばけの女性との関係を維持することを前提とする場合、性欲が強いという相手の性質をどう捉えるかが最も重要なことです。

女性にとっては男性パートナーと日常生活を続けていく上で決して軽く考えることができない問題であり、相手の男性にも真剣に向き合ってほしい事柄であると思っています。

性欲おばけの本質を理解するために、以下の2点を認識する必要があります。

性欲を満たせなかったらストレスが溜まる

性欲おばけは、性的な欲求のレベルが相手の男性を相対的に上回っていると考えることもできます。

性欲おばけにとってそれが生理的欲求である以上、その欲求が満たせなければ不満とストレスが溜まっていきます。

男性は性欲おばけの性的欲求が生理的欲求であるということを意識することが重要です。

編集長

生理的欲求は我慢すると体と心に不調を招く原因となってしまいます。

原因を作らないことを優先に考えた場合、相手となる男性側は性欲おばけの強い性欲を異常なものと扱わずに、自然な体の欲求であることを理解してあげることが女性のストレスを和らげることにつながります。

「性欲おばけとの付き合い方」で挙げたような方法を試しながら、ストレスを溜めないための配慮を示すことが求められます。

完全に他の男性に浮気や不倫に走る

男にとっては話しにくいことではあるものの相手の女性が例え性欲おばけであったとしても、決まった相手であれば相互理解を深めてお互いのギャップを解消する努力が必要になってきます。

それをお互いに誤魔化したままにしてしまうと、双方の溝が修復不可能な段階にまで広がってしまうかもしれません。

性欲おばけに限らず、女性が完全に他の男性との浮気や不倫に走ってしまうのは、相手の男性との関わりのなかで自己確認や承認欲求が満たされず、感情的な結びつきが確かめられなくなった時です。

結局、男性は性欲おばけの女性にどう対処すれば良いのか?

おばけは実態がわからないから怖いと感じます。性欲おばけも実態を明らかにすれば対処の方法が見えてきます。

性欲おばけの実態とは、相手の女性の強い性欲によって引き起こされる行動がどんな範囲に及び、また、パートナーである男性の性欲とのバランスがどんな状態にあるのかということです。

もしも、性欲おばけの女性の欲求の度合いが異常な行動にまで及ぶもの、あるいは、男性側の能力と努力の範囲では超えられないほど大きいものである場合には、専門の医療機関を受診することも検討すべきでしょう。

編集長

その前の段階として必要なプロセスが、対話を通してお互いのことを理解し合おうとする試みです。

理解し合おうとする気持ちがあれば、性欲おばけの実態を知る手がかりが得られるかもしれませんし、解決策が見いだせるかもしれません。

重要なのは、相手の女性が性欲おばけであったとしても、一緒に居たいと思えるかどうかということではないでしょうか。

まとめ:性欲おばけの女性とうまく付き合っていこう!

男性にとってはセックスに関わることは自分がリードしたいと思うのは当然ですし、女性の側の性欲が強いということを認めることに抵抗があるかもしれません。

しかし、それは女性側にとっても同じことなので、自分が満足できないことを隠したまま、理解されないまま関係を続けていけば大きなストレスを抱えることになります。

唯一の解決手段は、勇気を出して話してみることです。お互いの事実を認めた上でどうしたいのかをさらけ出し、どうすることがお互いのためになるのかを一緒に考えることで相互理解が深まります。

編集長

ケースによっては関係を解消することが最善であるという結論に達することがあるかもしれませんが、お互いが分かり会えないまま意図せぬ結果を招くことを避けることはできます。

パートナーとしての関係を続けていく上で、セックスの問題を自分のなかでどう位置づけられるかは人によって、また、カップルそれぞれによって異なります。だからこそ一歩踏み出す勇気を持ってみましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次